公演予定 2017


――新年のご挨拶――

 

明けましておめでとうございます。

皆様におかれましてはおだやかな"あらたま"をお迎えの事と拝察申し上げます。

旧年中は誠にありがとうございました。

友吉鶴心は今年も
『今に感謝・過去に鎮魂・未来へ希望』
の芸能三原則を心の軸に
『アジアの中の日本。日本の中のアジア』に思い馳せ
琵琶音楽を中心に『美しい日本の文化・芸能』に
お一方でも多くの皆様に触れて頂きたく邁進する所存です。

今年も何卒かわらぬご声援賜りますよう
正月の慶き日にごあいさつ申し上げます。

平成29年正月吉日

友吉鶴心

 

―2017年 主な予定―

1/8(日)〜放映
NHK大河ドラマ『おんな城主直虎
芸能考証・指導

1/14(土)〜放映
NHK土曜時代劇『忠臣蔵の恋
芸能考証・指導

1/21(土)〜放映
NHK大河ファンタジー『精霊の守り人
season2文化・芸能考証

放送予定
NHK空想大河
小田信夫』芸能考証・指導

1/26(木)11:20〜
NHK放送博物館にて
未来の8K映像と琵琶コンサート
8K琵琶『和の愉しみ

2/4(土)14時〜/18時〜
琵琶の世界に触れる会『花一看
第60回
浅草ギャラリー・エフ

4/1(土)
櫻の中に会う『花一会
東京国立博物館

11/3(祝)
明治神宮秋の大祭』献奏

11/13(月)
第25回『花一期』
〜友吉鶴心琵琶楽の会〜
国立能楽堂

 

今年も何卒ヨロシクお願い申し上げます

 

 

NHK放送博物館
8K琵琶『和の愉しみ』

 

2017年 1月26日(木)11:20〜13:00

会場:愛宕山8Kシアター

詳細/お申し込み 》NHK放送博物館
入場無料


 

花 一 看 第14章『たけるのこころ』
第4回『西郷隆盛』

 

浅草出身の友吉鶴心が、伝統楽器の奏者としての決意とともに
浅草から発信するイベント『花一看(はないちかん)』。
「脚元を見つめる」という意味を持つ「看」をタイトルに、
曲目や楽器にまつわる講話を交えてより身近に琵琶の音に親しみ、
背景となっている日本の文化、現代における琵琶音楽の在り方を探る会です。

2016年春からの第14章では「たけるのこころ」と題し、
いにしえより日本人が「武」という文字に託してきた
様々な想いを琵琶音楽に探ります。

講話:約50分/演奏と解説(1曲):約40分

 

2017年 2月4日(土)14:00/18:00(2ステージ)

演奏曲目:『西郷隆盛』

前売 3,000円 当日 3,200円 +1ドリンク500円

定員:各回25名/要予約

詳細/お申し込み >>

主催|友吉鶴心事務所/ギャラリー・エフ
お問い合わせ|ギャラリー・エフ TEL 03-3841-0442


 

花 一 会(はないちえ)〜櫻の中に会う

 

《花一会》は、会場となる場所の由来とともに上演作品に出会って頂きたい、
という想いから、平成23年に国立博物館〈円山應挙館〉で始まり
京都・くろ谷〈金戒光明寺〉等で開催されて来ました。
国立博物館裏庭園の桜の大木の近くに建つ円山應挙館は、1742年建築。
1784年に円山應挙が障壁画を描き、
1933年に現在の場所に移築された非公開の貴重な建物です。
この春、一度きりの桜の中、桜花に因んだ「琵琶音楽」を
円山応挙の壁画に囲まれた書院造りの畳の部屋でお楽しみください。

※但し、障壁画は文化財保護の為2007年から精密な複製画に差し替えてあります。

 

2017年 4月1日(土)

入園|午後3時半 開場|午後4時 開演|午後4時半
雨天決行

会場:円山応挙館 上野東京国立博物館・本館裏庭園内

入場:4,000円

お申し込み(ギャラリー・エフ)>>

 

演奏曲目:
西郷南洲翁 百四十年遠忌
《城  山》
勝 海舟/作

渡唐千三百年へ思いして
《まぼろしの星―阿倍仲麻呂》
水木 洋子/作詞 鶴田 錦史/作曲

*ご来場下さる皆様へ

◇ 御席に限りがございますのでお早めにお申し込み下さい。
◇ ご来園の際は東京国立博物館西門よりチケットをご提示の上お入り下さい。
  尚、庭園は春季一般公開後に、本公演の為に特別開園されます。
 ご入場時間をお守り頂けますれば幸いです。

◇ 駐車場はございません、予めご了承下さい。
◇ 優先席以外は着座となります、予めご了承下さい。

主催|友吉鶴心事務所 協力|ギャラリー・エフ

 

過去の公演



 

過去の公演 2016

過去の公演 2015

過去の公演 2014

過去の公演 2013

過去の公演 2012

過去の公演 2011