過去の公演 2016



花 一 看 第14章『たけるのこころ』
別会『雪晴れ』

 

浅草出身の友吉鶴心が、伝統楽器の奏者としての決意とともに
浅草から発信するイベント『花一看(はないちかん)』。
「脚元を見つめる」という意味を持つ「看」をタイトルに、
曲目や楽器にまつわる講話を交えてより身近に琵琶の音に親しみ、
背景となっている日本の文化、現代における琵琶音楽の在り方を探る会です。

2016年春からの第14章では「たけるのこころ」と題し、
いにしえより日本人が「武」という文字に託してきた
様々な想いを琵琶音楽に探ります。

講話:約50分/演奏と解説(1曲):約40分

 

2016年 12月10日(土)15:00/19:00(2ステージ)

演奏曲目:『雪晴れ』

前売 3,500円 当日 3,700円 +1ドリンク500円

定員:各回25名/要予約 満員御礼

詳細 >>

主催|友吉鶴心事務所/ギャラリー・エフ
お問い合わせ|ギャラリー・エフ TEL 03-3841-0442


 

第24回 花一期
友吉鶴心 琵琶楽の會

 

今年の〈花一期〉は
尺八奏者・藤原道山氏、真伎楽楽士たちとともに
〜変わり行く時代〜
を心に抱き、迎えようとしています
お誘い合わせの上、お運び賜りますれば幸いです

2016年 11月8日(火)19時半

会場:国立能楽堂
JR中央・総武線「千駄ヶ谷駅」より徒歩5分
都営大江戸線「国立競技場駅」A4出口より徒歩5分
渋谷区千駄ヶ谷 4-18-1 ?03-3423-1331

正面窓口にてチケット取り扱い

入場:5,000円

店頭にてチケット取り扱い、またはメールにて受付
ギャラリー・エフ >>
(9月5日〜13日 夏期休業)

『花一期』(はないちご)とは:
友吉鶴心が愛読書の一つ『風姿華傳』に影響され創作した造語。
「時分一期の思い」で作品「花」に向き合う姿勢を志し、
初コンサートから24年間、能楽堂で開催しています。
他にも毎春、桜の中で琵琶音楽と出会う『花一会』
(はないちえ/東京国立博物館應挙館)や
浅草ギャラリー・エフの江戸時代の蔵の中で聴く
琵琶音楽普及の会『花一看』(はないちかん)等、
花シリーズを開催しています。

 

明治神宮 秋の大祭 奉納演奏

 

2016年 11月3日(木祝)15時

会場:明治神宮御社殿

詳細 >>

 

琵琶の演奏(録音)を担当
宝塚歌劇団『桜華に舞え』

 

2016年 8月26日(金)〜10月3日(月)

会場:宝塚大劇場

公演詳細 >>

 

いわき市市制施行50周年記念事業
磐城平城復元「一夜城」プロジェクト
磐城平城 名月祭

 

2016年 9月3日(土)16時〜

会場:磐城平城本丸跡地

演奏曲目『湖水乗切』『敦盛』

主催 >>

 

花 一 看 第14章『たけるのこころ』
第3回『城 山』

 

浅草出身の友吉鶴心が、伝統楽器の奏者としての決意とともに
浅草から発信するイベント『花一看(はないちかん)』。
「脚元を見つめる」という意味を持つ「看」をタイトルに、
曲目や楽器にまつわる講話を交えてより身近に琵琶の音に親しみ、
背景となっている日本の文化、現代における琵琶音楽の在り方を探る会です。

2016年春からの第14章では「たけるのこころ」と題し、
いにしえより日本人が「武」という文字に託してきた
様々な想いを琵琶音楽に探ります。

講話:約50分/演奏と解説(1曲):約40分

 

2016年 9月19日(月祝)14:00/18:00(2ステージ)

演奏曲目:『城 山』

前売 3,000円 当日 3,200円 +1ドリンク500円

定員:各回25名/要予約

お申し込み >>

主催|友吉鶴心事務所/ギャラリー・エフ
お問い合わせ|ギャラリー・エフ TEL 03-3841-0442


 

『世界と日本をつなぐ琵琶楽』
〜琵琶の響きとともに 真田丸のころ〜

 

2016年 9月22日(木祝)14時

会場:山梨英和大学グリンバンクホール

薩摩琵琶・平家琵琶の展示、琵琶演奏、トークショウ等

入場無料

詳細 >>

 

NHK-FMラジオ
『邦楽のひととき』

 

放送日:7月27日(水)11:20〜11:50
再放送:7月28日(木) 5:20〜 5:50

演奏曲目:伊豆の御難

 

国立劇場主催公演
日本音楽の光彩U―時代を映す作品選―

 

『エクリプス』
武満徹 作曲
尺八=藤原道山 琵琶=友吉鶴心

詳細 >>

2016年 7月9日(土)14:00〜16:25

 

 

花 一 看 第14章『たけるのこころ』
第2回『伊豆の御難』
〜堅心を貫く勇気〜

 

浅草出身の友吉鶴心が、伝統楽器の奏者としての決意とともに
浅草から発信するイベント『花一看(はないちかん)』。
「脚元を見つめる」という意味を持つ「看」をタイトルに、
曲目や楽器にまつわる講話を交えてより身近に琵琶の音に親しみ、
背景となっている日本の文化、現代における琵琶音楽の在り方を探る会です。

2016年春からの第14章では「たけるのこころ」と題し、
いにしえより日本人が「武」という文字に託してきた
様々な想いを琵琶音楽に探ります。

講話:約50分/演奏と解説(1曲):約40分

 

2016年 7月2日(土)15:00/19:00(2ステージ)

演奏曲目:『伊豆の御難』

前売 3,000円 当日 3,200円 +1ドリンク500円

定員:各回25名/要予約

主催|友吉鶴心事務所/ギャラリー・エフ
お問い合わせ|ギャラリー・エフ TEL 03-3841-0442


 

花 一 看 第14章『たけるのこころ』
第1回『湖水乗切』
〜明智左馬之介の忠誠心とは〜

 

浅草出身の友吉鶴心が、伝統楽器の奏者としての決意とともに
浅草から発信するイベント『花一看(はないちかん)』。
「脚元を見つめる」という意味を持つ「看」をタイトルに、
曲目や楽器にまつわる講話を交えてより身近に琵琶の音に親しみ、
背景となっている日本の文化、現代における琵琶音楽の在り方を探る会です。

2016年春からの第14章では「たけるのこころ」と題し、
いにしえより日本人が「武」という文字に託してきた
様々な想いを琵琶音楽に探ります。

講話:約50分/演奏と解説(1曲):約40分

 

2016年 4月9日(土)15:00/19:00(2ステージ)

演奏曲目:『湖水乗切』

前売 3,000円 当日 3,200円 +1ドリンク500円

定員:各回25名/要予約

主催|友吉鶴心事務所/ギャラリー・エフ
お問い合わせ|ギャラリー・エフ TEL 03-3841-0442


 

花 一 会(はないちえ)〜櫻の中に会う

 

《花一会》は、会場となる場所の由来とともに上演作品に出会って頂きたい、
という想いから、平成23年に国立博物館〈円山應挙館〉で始まり
京都・くろ谷〈金戒光明寺〉等で開催されて来ました。
国立博物館裏庭園の桜の大木の近くに建つ円山應挙館は、1742年建築。
1784年に円山應挙が障壁画を描き、
1933年に現在の場所に移築された非公開の貴重な建物です。
この春、一度きりの桜の中、桜花に因んだ「琵琶音楽」を
円山応挙の壁画に囲まれた書院造りの畳の部屋でお楽しみください。

※但し、障壁画は文化財保護の為2007年から精密な複製画に差し替えてあります。

 

2016年 3月27日(日)

満員御礼
受付終了いたしました

入園|午後3時半 開場|午後4時 開演|午後4時半
雨天決行

会場:円山応挙館 上野東京国立博物館・本館裏庭園内

入場:4,000円

演奏曲目:
楠木正成公680年年忌
《大楠公》
鶴田錦史/改変

高野山開山1200年
弘法大師和讃より
《弘誓の舟》
友吉鶴心/作

*ご来場下さる皆様へ

◇ 御席に限りがございますのでお早めにお申し込み下さい。
◇ ご来園の際は東京国立博物館西門よりチケットをご提示の上お入り下さい。
  尚、庭園は春季一般公開後に、本公演の為に特別開園されます。
 ご入場時間をお守り頂けますれば幸いです。

◇ 駐車場はございません、予めご了承下さい。
◇ 優先席以外は着座となります、予めご了承下さい。

主催|友吉鶴心事務所 協力|ギャラリー・エフ

 

花 一 看 第13章『やまとごころ』第4回

 

浅草出身の友吉鶴心が、伝統楽器の奏者としての決意とともに
浅草から発信するイベント『花一看(はないちかん)』。
「脚元を見つめる」という意味を持つ「看」をタイトルに、
曲目や楽器にまつわる講話を交えてより身近に琵琶の音に親しみ、
背景となっている日本の文化、現代における琵琶音楽の在り方を探る会です。

2015年春からの『花一看』第13章では、
友吉鶴心と親交の深い文化人をトークゲストに招き、
いま失われつつある「やまとごころ」を探求します。

対談:約50分/演奏と解説(1曲):約40分

 

2016年 2月13日(土)15:00/19:00(2ステージ)

《対談ゲスト

加賀美由加里氏
一般社団法人 LOOM NIPPON 代表

※事情によりゲストが変更になりました※

演奏曲目:『春の宴』「源氏物語 胡蝶の巻」より

前売 3,500円 当日 3,700円 +1ドリンク500円

定員:各回25名/要予約

主催|友吉鶴心事務所/ギャラリー・エフ
お問い合わせ|ギャラリー・エフ TEL 03-3841-0442


 

NHK-FMラジオ
『邦楽ジョッキー』

 

歌舞伎俳優・中村隼人さんがDJをつとめるラジオ番組
『邦楽ジョッキー』(NHK-FM)1月15日(金)午前11時からの50分間、
琵琶奏者・友吉鶴心がゲストで出演し、演奏とともに
自身の過去、現在、未来を語ります

番組HP >>

2016年 1月15日(金)11:00〜11:50

 

 

NHK大河ドラマ『真田丸』

 

番組HP内の特集「さなイチ」にて インタビューに登場
こちら >>

 

新年のご挨拶

 

明けましておめでとうございます。

皆様におかれましてはおだやかな "あら玉" をお迎えの事と拝察申し上げます。
旧年中は誠にありがとうございました。

本年も友吉は芸能の根本《今に感謝、過去に鎮魂、そして未来へ希望》を
心の基軸に更に『アジアの中の日本!=日本の中のアジア!』に思い馳せ、
琵琶音楽を中心に一人でも多くの皆様に
《美しい日本の文化・芸能》に触れて頂きたく邁進する所存でございす。

本年も、何卒かわらぬご声援を賜りますよう、
元旦の慶き日に、ごあいさつを申し上げます。

平成丙申元旦

友 吉 鶴 心

 

―――2016年主な予定――

1/10(日)20:00〜
初放映NHK大河ドラマ《真田丸》芸能考証・指導担当

1/15(金)11:00〜
NHKFM《邦楽ジョッキー》DJ:中村隼人氏
ゲスト出演

2/13(土)15時〜/19時〜
第13章《花一看》
「やまとごころ」
ゲスト・佐多芳彦氏(立正大学教授)
他、第14章《花一看》各季浅草ギャラリーエフにて

3/27(日)
《花 一 会》
東京国立博物館應挙館

4/3(日)
《神武天皇2600年祭献奏》橿原神宮神前

4月NHK放送90周年記念特別番組大河ファンタジー
《精霊の守り人》文化芸能考証担当

11/3(木)
《明治神宮秋季大祭献奏》明治神宮拝殿

11/8(火)
第24回《花 一 期》
東京国立能楽堂

 


 

過去の公演 2015

過去の公演 2014

過去の公演 2013

過去の公演 2012

過去の公演 2011